スタッフインタビュー

開発部・営業部で働くスタッフのインタビューを通して
仕事のやりがいや楽しさ、ハイテックシステムズの魅力をご紹介します。

2017年入社 開発部 浦本和司2018年入社 営業部 栗原拓己
文系の自分が
希望の開発の仕事につけた
2017年入社 開発部
浦本 和司
スタッフインタビュー 浦本
入社してから身に付けたプログラム技術
現在、開発部でプログラムの仕事をしている私は学生時代、経済学部に籍を置きプログラムの勉強など、ほとんどしたことはありませんでした。
そのような私が、プログラムの仕事をしたいと思いはじめたのは、大学内で行われたインターンシップでIT企業の講義を聞いてからです。就職活動が始まるとIT企業だけで10社以上の面接を受けましたがやはり不安でした。IT企業希望者は文系の応募者は少なく、面接で聞かれる質問もプログラムに関する知識や経験についての内容が多かったからです。
しかし、ハイテックシステムズは違いました。
応募動機や学生時代にがんばったことなどは聞かれましたが、プログラムなどについては聞かれなかったと思います。
実際、入社後すぐにパソコンの技術を求められることもなく、最初の研修はWordやexcel、Outlookなどパソコンの基礎を学ぶことから始まりました。
それから約3ヶ月、入社3年目の先輩がチューターとしてわかりやすく指導してくれたおかげで、プログラム言語などを覚えることができました。その先輩は今、私とは違うプロジェクトチームにいますが、今でも声をかけてくれるなど尊敬する先輩の一人です。
プログラムが思いどおりに動いたときの達成感が仕事の醍醐味
私はこれまで大手食品メーカーから依頼を受けた、製品の原材料管理システムの開発などに関わらせていただきました。主な流れは依頼主と話を詰めた上司からの指示をもとに設計書を作り、それをもとにプログラミングを行い、テストを繰り返すというものです。
システムはイレギュラーな使われ方をされることもありますので、いろいろなパターンのテストを行うのですが、自分では大丈夫と思っても、上司から「このパターン、試してみた?」と、想定していた以上のアドバイスを受けることもありました。
また、依頼の仕様と違う部分を指摘されることもあります。
むしろ、一回で思ったとおりに動いてくれることのほうが少ないくらいです。だからこそ一回で動いてくれたときの達成感が大きく、それがこの仕事の醍醐味と言えるかもしれません。
心がけているのはすぐに確認することと勘違いを防ぐこと
先輩から教わったことのひとつは、「勘違いのために作業をやり直すことはもったいない」ということでした。わからないこと、つまずいた点などがあればすぐに確認し、相手の話に対して「つまり、このようなことですね」と尋ね返すことで勘違いが起きないように心がけています。
ゆくゆくは私自身が依頼主と打合せをして、上司に頼らずひとりで仕事が進められるよう、この心がけに気をつけながら、さらに知識や技術を身に付けていきたいと思っています。
焦らず地に足をつけた就職活動を
当社は、社内では相手が社長であっても「さん付け」で呼び合い、同じ部署ではもちろん、違う部署の人であっても相談しやすい環境だと思います。有給休暇もあまり気兼ねせずに取れますし、入社後すぐに取ることもできます。
社外研修で一緒になった他社の方から話を聞いたりしていても、「いい会社で働けているな」と感じることはよくあります。それも、内定がもらえない時期にも焦らず、地に足をつけて活動を続けたから自分がやりたかったプログラムの仕事ができるこの会社に巡り会えたのかなと思っています。
採用エントリーフォームはこちらから

当社情報掲載中のマイナビ2019からも採用エントリーの受付が可能です
マイナビ2020にも企業情報やインターンシップ情報掲載中

マイナビ2019 マイナビ2020
スタッフインタビュー 栗原
地元を拠点として
各地を飛び回る仕事が魅力
2018年入社 営業部
栗原 拓己
地元下関を拠点として各地へ飛び回りたかった
私は工業大学の電気情報工学部を卒業し、2018年4月に営業職として入社しました。大学や学部の性質もありエンジニアをめざす同級生も多かったのですが、私はサークル活動などを通じて業者さんとやり取りをしたりする中で、人と話す仕事がしたいと考えるようになっていました。
大学は、就職活動にとても協力的な学校で、教授が面接の練習をしてくれるなどバックアップ体制も整っていました。特徴的だと思ったのは、一般的な就職活動では複数の会社にエントリーシートや履歴書を送り何社かで面接を受けるパターンであるのに対し、私の学校ではあらかじめ1社に絞り込んで面接を受けるスタイルだったことです。
私も関西や福岡、山口などの企業から5社程度をピックアップし、その中からハイテックシステムズを受けることにしたのですが、大きな理由は地元下関の企業であったことと、地元を拠点として各地を飛び回る仕事であることに魅力を感じたことでした。

入社からおよそ半年、今は研修を通じて業務や商品の知識などを覚えることに時間を使わせてもらっています。
特に、今後担当する介護保険の分野は知識ゼロからの研修でしたので、上司や先輩から教わるだけではなく予習や復習の大切さを痛感してきました。
その一方、ビジネスマナーなどは学生時代、学祭実行委員をしているときに、先輩から目上の方への言葉遣いや名刺の渡し方など教わっていましたので、おさらいをするような感覚で学び直すことができました。
先輩からの教えを真剣に聞いておいてよかったです。
働いている自分を想像しながら行った就職活動
就職活動については、やりたいことを目標にするという考え方もあるでしょうが、私はどちらかといえば、やりたくないことを除外していくという考え方でした。 もちろん、人と接する仕事のほうがいいという気持ちはありましたが、それと同時に「将来、この仕事を続けている自分は想像できないな」などを考えながら応募先を絞っていったのです。
活動を始めた時期が友人たちよりも1~2ヶ月遅かったので、もう少し早くから始めていればよかったかなという思いもありますが、いずれにせよ、『この会社で働く自分の姿を想像できるかどうか』
を大事にしながら、焦らずに就職活動を続けたつもりです。
ゆくゆくは頼りにしてもらえる営業スタッフに
現在、当社の営業スタッフは西日本支店と東日本支店で北海道から沖縄までに点在するお客さまを担当し、受け持ちのエリアを飛び回っています。
今は研修中の私も10月からは西日本エリアの営業スタッフとして先輩と一緒に現場へ出る予定です。
初めてお会いするお客さまとお話をして、当社の商品と私自身を覚えていただき、ゆくゆくは頼りにしてもらえる営業スタッフになれるにはどうすればいいか、今は楽しみと不安を感じているところです。
採用エントリーフォームはこちらから

当社情報掲載中のマイナビ2019からも採用エントリーの受付が可能です
マイナビ2020にも企業情報やインターンシップ情報掲載中

マイナビ2019 マイナビ2020
ページトップへ