【介護福祉事業支援システム】介護福祉事業支援システム起動について


介護福祉事業支援システム起動時にメッセージが表示され、介護福祉事業支援システムが
起動できない旨のお問い合わせにつきまして、ご報告いたします。

 

■現象
 介護福祉事業支援システムショートカットを実行すると
 「データベースファイル ’C:¥HISAPP¥介護支援2010.adp’ が見つかりません。
 指定したパス名とファイル名が正しいかどうかを確認してください。 OK」
 メッセージが表示される。
 介護福祉事業支援システムが起動しない。

 

■原因
 Win10から標準搭載された「Windows Defenderファイアウォール」の機能により
 介護福祉事業支援システムの起動に必要なファイルが削除されてしまう為。

 

■対策
 1.現象が発生した場合は、弊社HPより介護福祉事業支援システムの起動に必要なファイルを
  ダウンロード、実行してください。

  ①弊社HP 「製品サポート」⇒「介護福祉事業支援」⇒ ログイン
  (ログインに必要なユーザー名、パスワードをお忘れの場合は、弊社コールセンターまでご連絡ください。)
   ログイン後 ⇒ 「介護関連ダウンロード」№52 2019_10_0015.EXEをダウンロードします。
  ②ダウンロードした2019_10_0015.EXEにて右クリック ⇒ プロパティ
  「全般」タブ ブロックの解除をクリック or 許可するに☑をつけ、適用⇒OKをクリックします。
  ③2019_10_0015.EXEをダブルクリック ⇒ 展開先 C:¥HISAPP と表示されたことを確認「OK」を
   クリックします。
  ④介護福祉事業支援システムの起動を確認してください。

 

 2.「Windows Defenderファイアウォール」に除外フォルダを設定する
  手順書「WindowsDefender_Info」をご覧ください。