マイクロソフトアップデートによる障害復旧対応について。

昨年11月より順次実施されておりますマイクロソフト社のOffice2010関連更新プログラムで不具合が
発生しております。

 

・ システム使用中、日付にかかわる部分を入力、変更するとシステムがシャットダウンする。
・ Accessは動作を停止しました。とメッセージが表示され、システムがフリーズする。
・ システムが起動しない。
・ 計画書など、エクセル出力できない。

 

などの、現象が確認されています。

この現象は、新元号への対応準備アップデートが原因で、該当プログラムをアンインストールしていただくことで、回避されることが確認できております。

 

1.アンインストールが必要な更新プログラム。
①以下の更新プログラムをアンインストール:今回発覚した分でシステムダウンを誘発するもの
・KB2553332
・KB2863821
・KB4461522
・KB4461570
・KB4461579
・KB4461614
・KB4461617

 

②以下の更新プログラムをアンインストール:今回発覚した分でエクセルが動作しなくなるもの
・KB4032217
・KB4032225
・KB4461614
・KB4461616
・KB4461627

 

2.注意事項
・ 1度アンインストールしていても、マイクロソフトが更新プログラムの配信を停止しない限り、
  再度インストールされる可能性があります。
・ システムダウンやフリーズが発生した場合、その都度、該当プログラムをアンインストール
  していただく必要があります。
・ 毎月、対象プログラムが増えているため、今月以降、新たにプログラムが追加されることが予想されます。
・ アンインストールを行っても現象が改善されない場合は、コールセンターまでご連絡ください。

 

3.作業手順
※別紙の手順書にて復旧処理をお願いいたします。