採用担当メッセージ採用担当メッセージ

経験や知識は必要ありません
求めるのは相手を思いやる気持ちです

当社の強みは安定した業務量
当社の大きな強みを挙げるとすれば、業務量、すなわち売上が比較的安定しているということでしょうか。大手企業から委託を受けシステム開発や保守、メンテナンス業務を中心に行っているためです。
また、それだけでなく福祉用具を貸与する事業者向けのパッケージソフトの開発・販売も手がけており、自社で開発を行っているからこそお客さまのニーズに柔軟に対応できるというメリットもあり、そのシェアは国内トップクラスとなっています。
求めるのは相手を思いやる気持ち
こうした背景もあり、新人の育成については長いスパンで考えるようにしています。
たとえば、プログラマーは入社後3年から5年をかけて成長してもらいます。つまり、入社するときは仕事に関する知識や経験は必要ないということです。
むしろ、採用の際に重きを置いているのは会話の受け答えがハキハキとしっかりできることや、元気のよさを感じさせる明るい振る舞いができるかどうかです。
また、履歴書などが丁寧な文字で書かれていることも大切だと思います。なぜなら、こうした受け答え、振る舞い、丁寧な文字はすべて相手のことを気遣っているからこそできるものだからです。

営業職がお客さまと接することが多いのはもちろんですが、開発職も依頼主と何度も打合せをしたりします。
また、ソフトの開発もひとりで黙々と行うのではなく、数人のチームで協力しながら行っています。そのため、どれだけチームの仲間と意思の疎通ができるかが採用の際のポイントになるのです。
さらに言えば、依頼主にとって少しでも使い勝手のいいソフトになるにはどうすればいいかを考えるのにも、依頼主のことを思いやる気持ちが欠かせないと思っています。
気軽に話し合えるフラットな社風
当社では以前、開発部とその他の部署が1階と2階に分かれていました。
しかし10年ほど前、すべての部署を2階に集約し、社長を含め、ワンフロアで顔が見通せる職場環境を作りました。席順もベテラン社員と若手社員が並ぶようなっています。これは、誰でも遠慮なく話ができるようにするためで、実際、フロアが分かれていた当時と比べ、コミュニケーションが取りやすくなったと思います。
仕事中の雑談も特に禁止はしていませんし、ベテラン社員がよく若手社員に声をかけていることもあり、若手社員はわからないことがあればベテラン社員へ気軽に質問し、ベテラン社員は若手社員が理解できるまで教えてあげることが日常の風景になっています。

当社で働きはじめるのに経験や知識は必要ありません。経験や知識はあとからついてくるものです。
私たちと一緒に仕事をしながら経験値を高めていきましょう。

採用フロー

採用までの流れ採用までの流れ
採用エントリーフォームはこちらから

当社情報掲載中のマイナビ2019からも採用エントリーの受付が可能です
マイナビ2020にも企業情報やインターンシップ情報掲載中

マイナビ2019 マイナビ2020
ページトップへ